tqoonjp banner
adflag.jp

ホーム>adflagブログ

adflagブログ

  • お酒に関するのぼりを作成する際にチェックしておきたい3つのポイント

    18-02-09

    飲食店に欠かせないメニューとなった「お酒」

     

     

    多くの飲食店に欠かせないメニューの一つがお酒。

     

    今や居酒屋だけでなくファミレスなどでもお酒を売りにしており、

     

    「ファミレス飲み」という言葉も存在するほどです。

     

     

     

    一体何故、今、多くの飲食店でお酒を売りにしているのか。

     

    理由は色々あるかと思いますが、

     

    その一つには、利益率が高いお酒を多く販売し、店全体の利益をアップさせたいというものもあると思います。

     

    より多くのお酒を販売するため、のぼりを使ってお酒を宣伝しようと考えているお店も多いのではないでしょうか。

     

     

    今回は、そんなお店の方に役立つ、お酒に関するのぼりを作成する際にチェックしておきたいポイントをご紹介していきたいと思います。

     

    お酒に関するのぼりを作成する際にチェックしておきたい3つのポイント

     

    お店の雰囲気に合ったデザインかどうか

     

     

    高級志向のお店だが、せっかくお酒を売り込むので、

     

    値段を大きくプリントした価格重視のデザインにしようと思っている。

     

     

    のぼりを作成する際、上記のようにお店の雰囲気に合わないデザインを考えていないでしょうか?

     

     

    お酒は雰囲気に合ったお店で飲みたいもの。

     

    いくら「お酒が安い」というのぼりが立っていたって、近所の居酒屋で気軽にお酒を楽しみたいときに、

     

    接待で使われるような高級店に連れていかれたら、飲む気をなくしてしまいますよね。

     

    お客さんの「飲みたい気分」を盛り上げるためにも、お店の雰囲気に合ったデザインののぼりを作成するようにしましょう。

     

    色を意識したデザインにする

     

    画像:アドフラッグ既製のぼり ビール,販売,店舗

     

     

    ビールといえば白と黄色、ワインといえば赤、など、お酒にはそれぞれ色のイメージがあります。

     

    カクテルに代表されるように、お酒を飲む人の多くは、お酒の色まで楽しみます。

     

    お酒を飲む人に向けたのぼりを作成するときは、色も効果的に使ってアピールすると良いでしょう。

     

    季節に合わせた商品・のぼりにする

     

     

    これはお酒ののぼりに限らず言えることですが、のぼりは季節感を出すことが大切です。

     

    熱い夏には冷たいビール、寒い冬は熱燗など、季節に合ったお酒をアピールするようにしましょう。

     

     

    また、一年中同じお酒を売りたい場合でも、少し工夫することで、季節感を演出することができます。

     

    のぼりの背景色を変えたり、「冬は熱い鍋にビールが最高」というような季節感のあるキャッチコピーに変えたりして、季節感のあるのぼりを作成するようにしましょう。

     

    まとめ

     

     

    3つのポイントをご紹介しましたが、参考になるものはありましたでしょうか?

     

     

    飲むお酒の種類やシチュエーションは様々。

     

    最近では、「外ではノンアルコールビールで我慢する」という人や、

     

    「会社の飲み会の時はビール、女子会の時はワイン」という人など、シーンによって飲むお酒を変える人も増えてきています。

     

     

    どの層を狙い、どのように販売していくのか。

     

    お店のターゲットをしっかりと定めた上で、ターゲットに合ったのぼりを作り、お店の利益に繋げていきましょう。

     

     

    ご注文はこちら